SOLUTION
ソリューション

CASE 07駐車場を利用して太陽光発電設備を入れたい

  • #コスト削減
  • #太陽光発電
  • #省エネ
課題
・省エネ目標達成の新たな施策がない。
・電気代が高騰しており、コスト削減したい。

自家消費型太陽光発電がお勧めです。

最も身近な再生エネルギーである太陽光発電。
今、自家消費型の太陽光発電の導入が非常にホットになって来ています。
・電気料金の削減、災害時の停電対策、CO2削減、環境経営の推進

太陽光発電の電力は「売る」より「使う」がお得な時代に。

・電力会社の再エネ賦課金が上昇し、電気代が高騰し続けています。
(2021年度の東京電力の再エネ賦課金は3円36銭/kWhです。)
・自家消費型太陽光発電の場合、各種設備費用が下がってきていることから、補助金を利用すると5年~7年程度で費用回収をすることが可能です。
・20年間では導入費用を差し引いて非常に大きなコスト削減効果が見込めます。
・屋根上への太陽光パネルの設置により遮熱効果による省エネ効果も見込めます。
・蓄電池の導入により、太陽光発電や深夜電力で蓄電した電力を、昼間の時間帯や、災害等の非常時に自家消費することで、電力会社への支払額を節約したり、災害時のリスク回避が可能です。
・クレジット会社との提携により各種リース契約、PPA型の導入もご提案致します。
・現地調査、設備選定、施工、運用保守まで何でもご相談ください。

効果
省エネ・CO2削減とコスト削減を同時に実現。